/

この記事は会員限定です

奪われる家計の購買力

[有料会員限定]

総務省の家計調査によると、2017年における勤労者世帯平均の勤め先収入は月額43.7万円で、12年と比べて0.5%増えた。だが、可処分所得は0.4%減、消費支出は2.1%減である。

収入が増えたのに可処分所得が減ったのは税や保険料の負担が増えたからだ。17年の月額は直接税が3.7万円、社会保険料が5.1万円。前者は782円の増加だが、後者は2621円も増えた。

給与天引きの人が多いため、社会保険料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン