/

この記事は会員限定です

久兵衛社長 今田洋輔さん

すし職人を企業人に(1)

[有料会員限定]
  東京・銀座のすし店「久兵衛」の主人、今田洋輔さん(73)は、卓越した技能を持つ人を国がたたえた「現代の名工」だ。父である先代主人が1935年に創業、北大路魯山人、志賀直哉、吉田茂ら昭和の食通が愛した味を継承しながらも、職人の世界を「企業化」することで事業を拡大した。時代に合わない古いしきたりを壊し、江戸前すしの魅力を新たに伝える。

3月初め外務省から銀座本店に電話が入りました。「日曜日が定休...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン