/

この記事は会員限定です

大和ハウス 豪で宅地開発 小田急と組む

事業費500億円

[有料会員限定]

大和ハウス工業小田急電鉄と、オーストラリアで住宅地開発に乗り出す。シドニー郊外で戸建て約1500戸分の土地を造成し、分譲する。総事業費は約500億円を見込む。オーストラリアは移民流入による人口増加で住宅需要が高まっており、日本メーカーに事業拡大の動きが広がる。

大和ハウスと小田急はシドニー北西部にある89万平方メートルの土地を住宅地として開発する。大和ハウスの豪子会社が75%、小田急が25%出資し、開発会社「ディーエッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン