/

この記事は会員限定です

求む!外国人家政婦 特区で採用270人どまり

共働き支えるインフラに

[有料会員限定]

永住権を持たない外国人の家事代行サービスが始まって1年がすぎ、日本で「家政婦さん」を志願する外国人が増えている。人気ドラマの影響もありニーズが高まる半面、在留期間が短く採用が思うように進まないなど本格普及へ向けた課題も多い。外国人による家事代行はシンガポールや中国で共働きを支える社会インフラになっている。急速な人口減に直面し、働きたい人材を総動員する必要がある日本でも、市場の浮揚に知恵を絞る必要が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン