2018年12月14日(金)

迫られる生産性革命 働き方改革法が成立
時間より成果に重きを

2018/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が今国会の最重要法案と位置づけた働き方改革関連法が29日の参院本会議で可決、成立した。日本の企業に多かった無駄な残業をなくし、時間ではなく成果を評価する働き方に一歩近づく。企業は欧米と比べて低い水準にとどまる生産性の向上に取り組まなければ、新しい働き方の時代に成長が望めなくなる。(関連記事総合1、総合3面に

単純作業は機械に

企業がIT(情報技術)を使った業務の効率化を急いでいる。帝人やJF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報