シャープ、成長戦略への影響必至 2000億円増資中止

2018/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

シャープは29日、公募増資による約2000億円の資金調達を中止すると発表した。22日に増資の詳細を公表してわずか1週間後の異例の撤回。米中貿易摩擦や1株利益の希薄化懸念で株安に歯止めがかからなくなったのが主因だ。経営危機時に発行した優先株の買い戻しも白紙に戻り成長戦略への影響は不可避だ。

シャープの株価は5日に増資の方針を発表した直後に、1株利益の希薄化懸念から大きく下落した。だが同日に発表した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]