/

この記事は会員限定です

再生医療 飛躍への試練(下)iPSと新技術結集

ゲノム編集と併用も

[有料会員限定]

遺伝情報を自在に操作できる新しいゲノム編集技術を考案した米カリフォルニア大学バークレー校のダウドナ教授や、米国の遺伝子治療企業スパーク・セラピューティクスのハイ社長。先端医療を切り開く研究者の登壇は、6月にオーストラリアで開かれた国際学会の目玉となった。

この学会は日本で「再生医療の国際学会」として知られる国際幹細胞学会。2002年発足の比較的若い組織を一躍有名にした立役者の一人は、京都大学iPS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン