/

この記事は会員限定です

内部通報制度に認証制

実効性向上へまず自己評価

[有料会員限定]

消費者庁は2018年秋に企業が自社の内部通報制度を自己評価して登録する認証制度を導入する。社員らが不正や違法行為を知らせる内部通報制度を導入する企業は増えているが、活用しにくいとの声も多い。認証制度をテコに、企業に実効性のある運用を促す。

9月にも新設する「内部通報制度認証」(WCMS認証)は企業が自ら点検し、その結果を登録する。19年度以降には第三者が審査する制度を設ける。審査機関や登録機関は非...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン