2019年3月24日(日)

スマホ訴訟、薄れた意義
アップル・サムスン、7年経て和解 主役はサービス、端末は中国台頭

2018/6/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルと韓国サムスン電子は27日、2011年から続けてきたスマートフォン(スマホ)の意匠に関わる知財係争で和解したと米カリフォルニア州の裁判所に通知した。世紀の裁判と騒がれ、世界の産業界が注目したスマホ大手の争いは静かに幕を下ろした。7年間で世界経済のけん引役だったスマホは成熟製品へと姿を変え、覇権を争う裁判の意味が薄れていた。

「この係争はお金以上の意味がある」…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報