伊首相、初のEU外交 コンテ氏 独自主張、波乱要因に

2018/6/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ブリュッセル=細川倫太郎】イタリアのコンテ首相は28日からの欧州連合(EU)首脳会議に初参加し、事実上、EU外交デビューを果たした。今回の会議の最大の焦点である移民問題では欧州各国で受け入れるべきだと強く主張。首脳会議後も続くこの問題をめぐる協議で波乱要因になる可能性がある。一方、イタリア与党内では移民排斥に傾くことに反発する声も多く、新政権は早くも不協和音が出始めている。

法学者のコンテ氏は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]