/

この記事は会員限定です

地方大卒医師、半数が流出 全国8県、石川は7割

NPO法人調査、都市圏へ流入多く

[有料会員限定]

医師の勤務地選択を巡り、全国8県で地元大学を卒業した医師のうち半数以上が県外に流出しているとみられることがNPO法人「医療ガバナンス研究所」(東京・港)の調査で分かった。流出割合が最も多い石川では合格者数の約7割が流出する一方、千葉では2倍以上の流入があった。各地の医学部入学枠と医師の需要にずれがある実態が浮き彫りになった。

調査は1995~2014年が対象期間。厚生労働省の「医師・歯科医師・薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン