/

この記事は会員限定です

中国の特許出願138万件で断トツ 特許庁が年次報告書

[有料会員限定]

特許庁は28日、2018年版の「特許行政年次報告書」を発表した。日本、米国、欧州、中国、韓国の5大特許庁それぞれの特許出願件数を比較したところ、中国が約138万件と圧倒的に多かった。伸び率は緩やかになったものの増加傾向が続く。米国は約60万件、日本は約31万件といずれもほぼ横ばいだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン