/

この記事は会員限定です

知財仲裁機関、東京に9月開設

企業の負担軽減

[有料会員限定]

特許侵害など国際的な知的財産紛争を専門に解決する仲裁機関が9月、アジアで初めて東京都に開設される。1年以内の紛争解決を目指す。あらゆるモノがネットにつながるIoTの普及で通信などの特許を巡る対立は増えている。裁判に比べて短期間で解決できる仲裁機関が整備されることで企業の負担は軽くなる。政府の知財立国構想を後押ししそうだ。

新設機関は一般社団法人「東京国際知的財産仲裁センター」(東京・千代田、理事長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン