「原則禁煙」悩む外食店 受動喫煙防止 都条例が成立

2018/6/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都で27日、受動喫煙防止条例が成立した。国の法案より基準は厳しく、2020年4月以降は都内の8割以上の飲食店が禁煙になる。各店は「全面禁煙」か飲食できない喫煙ブースを設ける「全席禁煙」にするか対応を迫られる。全国に店舗網を持つ外食チェーンでは客足や売上高への影響を測りながら対策を探っており、愛煙家の多い喫茶店や新たな投資が難しい中小規模の飲食店では戸惑いの声もある。

東京都の条例では従業員を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]