/

この記事は会員限定です

米国発の貿易摩擦、自国産業揺らす

ハーレー、欧州向け生産を国外へ

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志、シリコンバレー=白石武志】米国がしかけた貿易摩擦が巡り巡って自国の産業界を苦しめている。二輪大手ハーレー・ダビッドソンは、欧州向けの生産を海外に移すと表明。ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車各社も中国産部品への関税増に懸念を強める。企業が最も嫌うのは事業環境の先行きが不透明なことだ。「このままでは投資を決断できない」――。貿易摩擦の帰結点が見えないなか産業界が身を縮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン