/

この記事は会員限定です

AIで労働時間1割減 政府が実行計画

小売りなどを支援

[有料会員限定]

政府は26日、人工知能(AI)技術戦略会議を開き、AIの普及に向けた実行計画をまとめた。国立研究開発法人などで人間と会話できるAIの開発を支援し、小売店などの省人化につなげる。教育や介護の分野などでもAIの導入を後押しし、2022年度までに実用化事例を20件以上にする目標を記した。

新たに開発するAIは豊富な語彙を備え、あらかじめ用意されたセリフではなく、臨機応変に会話できるようにする。動作や行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン