久光薬、営業益12%減
3~5月、医療用薬が苦戦 新薬期待 株価は高値圏

2018/6/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

久光製薬の2018年3~5月期の連結営業利益は、前年同期比12%減の45億円程度になったもようだ。医療用の消炎鎮痛剤「モーラステープ」が薬価の引き下げや後発薬の台頭で苦戦する。広告宣伝費の増加も重荷となった。一方で株価は上昇基調が続き上場来高値圏で推移する。一般用医薬品「サロンパス」が国内外で好調なうえ、新たな統合失調症治療剤への期待が背景にある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]