/

この記事は会員限定です

醸造にIoTを活用

渡辺製作所など、温度管理を省力化

[有料会員限定]

情報通信技術の渡辺製作所(さいたま市)はNTT東日本などと組み、あらゆるモノがネットにつながるIoTを活用して食品製造工程を省力化するシステムの販売に乗り出す。品質の安定に不可欠な温度管理の負担を減らす仕組みで、人手不足に悩む醸造業界などの需要を見込む。小規模事業者の「スマート工場化」を促し、伝統産業の技能伝承に役立てる。

温度管理には光ファイバーを使ったセンサーを用いる。仕込み中のタンクなど温度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン