ターゲット広告 国内対応は限定
EUデータ規制でも需要根強く 消費者の反応を見極め

2018/6/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

欧州連合(EU)による一般データ保護規則(GDPR)の施行から25日で1カ月を迎えた。規制の対象にはネットの閲覧履歴も含まれており、履歴をもとに個人の好みや関心を分析し広告を打つ「ターゲティング広告」に影響を与えかねない事態になっている。日本では今のところ広告取りやめなど目立った動きはなく需要もあるが、米フェイスブックの個人データ流出問題もあって、広告主は消費者の反応に気をもんでいる。

ターゲテ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]