/

この記事は会員限定です

スーツもバイクもバッグも… シェア 普段使いに浸透

若者、所有からシフト

[有料会員限定]

15日施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)でシェア経済に関心が高まるなか、各分野で新サービスが広まっている。スーツを安く借りたり車を生活の足として時間借りしたりする消費者が増え、若者を中心に所有よりシェアを選ぶ傾向が強まる。少子化などで国内市場が縮むなか、企業もシェアビジネスを収益源に育てる動きが出てきた。

「スーツは週1、2回しか着ないので、所有せずに利用できるサービスはありがたい」。都内の会社員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン