/

この記事は会員限定です

ゲーム依存は病 治療進展へ一歩

WHO「精神疾患」認定 政府「実態調査し対応」

[有料会員限定]

生活に支障をきたすほどオンラインゲームなどに没頭する依存状態を、世界保健機関(WHO)が国際疾病分類(ICD)の改訂で「ゲーム障害」として精神疾患に位置づけた。先進国で若者のゲーム依存が深刻になっていることが背景にある。治療施設が少ない中、疾病認定で実態の把握と治療法の進展への期待が高まるが、過剰診断の恐れもあり、業界団体は見直しを求めている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン