/

この記事は会員限定です

北関東の自治体、創業期の企業支援拡充

つくば市、起業家ら交流拠点/宇都宮市、個別に経営を指南

[有料会員限定]

北関東の自治体が創業から間もない企業の支援に力を入れている。茨城県つくば市はスタートアップ企業向けに既存施設を再整備する。宇都宮市は創業3年以内のベンチャー企業を対象に個別の経営指南を始める。起業後に思わぬ経営課題に直面する経営者は多い。事業が軌道に乗るまで、施設提供や経営ノウハウなどきめ細かく支援する。

つくば市は技術系スタートアップの創業や研究シーズへの投資を促す拠点として、つくばエクスプレス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン