/

この記事は会員限定です

韓ロ首脳、制裁緩和にらむ

対北朝鮮、インフラ協力 融和先行に危うさ

[有料会員限定]

【モスクワ=鈴木壮太郎、古川英治】ロシア訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、プーチン大統領と会談した。ガスパイプラインや鉄道などのインフラ整備での協力推進で合意。北朝鮮への制裁が緩和されれば南北ロの3者協力に切り替える。米朝首脳会談を踏まえ制裁緩和をにらんだ各国の動きが活発になっており、融和ムード先行の危うさを指摘する向きもある。

両首脳はインフラ協力などを柱とした共同声明を発表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン