2019年1月21日(月)

奈良県立医科大学 痛み止め服用患者、がんの発生率低下

2018/6/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■奈良県立医科大学 斎藤能彦教授らは国立循環器病研究センターなどと共同で、糖尿病患者が痛み止めを服用するとがんの発生率が低くなるという調査結果をまとめた。新たながんの予防法につながる可能性がある。成果は米糖尿病学会誌に発表した。

研究チームは2002年から、2000人を超える糖尿病患者について、痛み止めのアスピリンが心筋梗塞などを予防する効果を10年以上かけて追跡調査した。心筋梗塞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

東芝 印刷式太陽電池の大型化に成功[有料会員限定]

2018/6/25付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報