/

この記事は会員限定です

(フラッシュ)奈良県立医科大学 痛み止め服用患者、がんの発生率低下

[有料会員限定]

奈良県立医科大学

 斎藤能彦教授らは国立循環器病研究センターなどと共同で、糖尿病患者が痛み止めを服用するとがんの発生率が低くなるという調査結果をまとめた。新たながんの予防法につながる可能性がある。成果は米糖尿病学会誌に発表した。

研究チームは2002年から、2000人を超える糖尿病患者について、痛み止めのアスピリンが心筋梗塞などを予防する効果を10年以上かけて追跡調査した。心筋梗塞の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン