/

この記事は会員限定です

統合失調症 支援の輪拡大

治療薬「注射」効果長続き 米国発リハビリ普及 就労も手助け

[有料会員限定]

こころの病である統合失調症の治療法や患者支援の幅が広がっている。治療薬では効果が持続する「注射型」の普及が進む。ゲームをして楽しみながら認知機能の改善を図る米国発のリハビリ法が日本でも広がってきたほか、患者の就労支援まで手助けする事例も増えている。個人の症状などに応じて適切な治療法を選べるようになりつつある。

統合失調症は100~120人に1人がかかる、実は身近な病気だ。過度なストレスなどにより...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン