/

この記事は会員限定です

カジノ法案 残る論点

民営・依存症・訪日客、審議は参院へ

[有料会員限定]

安倍政権が今国会の重要課題に位置づける、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案は近く審議の舞台を参院に移す。国会会期は7月22日まで延長されることになり、与党は会期内での成立をめざす。衆院審議でいくつかの論点が浮上しており、立憲民主党など野党側は参院審議でも追及する構えだ。

民営カジノは合法か

カジノはそもそも現行刑法で禁じられている賭博罪にあたる。ただ、刑法は35条に「法令または正当な業務による行為は罰しない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン