/

この記事は会員限定です

膨らむ医療費、財源は?

企業は21%、高齢者向け負担重く

[有料会員限定]

高齢化や医療技術の高度化などを背景に日本の国民医療費は増え続け、財政を圧迫しています。私たち患者の自己負担割合は年齢や収入などによって異なりますが、一般に1~3割です。では、残りはどのようにまかなわれているのでしょうか。

日本は「国民皆保険制度」を採用しています。すべての国民が、少ない自己負担で医療を受けられる代わりに、収入や働き方などに合わせて一定の保険料を負担するものです。この仕組みは国民と国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン