/

この記事は会員限定です

航空機の電動化で連携

秋田の研究者が連合組織

[有料会員限定]

航空機システムの電動化をにらみ、秋田大学と秋田県立大学の研究者有志が連合組織「アキタ・リサーチ・イニシアチブ」(ARI)を設立した=写真。IHI、県内企業と連携し、航空機電動化の研究を進め、携わる人材を育成する。秋田県も発足を機に補助金などで支援を強化し、航空機関連産業を育てていく。

県輸送機産業振興室によると、油圧や空圧を使っている部分を電動にすることで、配管がシンプルになり航空機の整備がしやすくなる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン