/

この記事は会員限定です

与党、分裂の様相

離脱派と親EU派対立

[有料会員限定]

【ロンドン=小滝麻理子】英国の欧州連合(EU)離脱交渉が迷走するなか、メイ首相が率いる与党保守党は分裂の様相を強めている。離脱交渉の決裂を懸念する親EU派と、EUの関税同盟や単一市場からの離脱を唱える強硬派の対立が続き、対応を誤ればメイ氏の政権基盤の弱体化を招きかねず、EUとの交渉にも影を落としている。

英議会ではEU法を国内法に置き換える法案を審議していた。親EU派の議員はEUとの交渉が物別れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン