2018年10月21日(日)

インド電子決済、外資が続々参入 月間10億件、中小規模店にも

2018/6/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インドの電子決済に外国勢が熱い視線を送っている。シンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスや米決済大手ペイパルがインドの電子決済ベンチャーに出資。米グーグルが2017年秋に同国限定のモバイル決済サービスを始めたのに続き、米フェイスブックも子会社を通じて決済サービスの準備を進めている。

印ベンチャー企業のパイン・ラボスはこのほど、テマセクとペイパルから1億2500万ドル(約140億円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報