/

この記事は会員限定です

どこまで「骨太」方針(1) 財政健全化計画

高成長前提、教訓生きず

[有料会員限定]

政府は15日に閣議決定した経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に、新しい財政健全化計画を盛り込んだ。政策の経費を借金せずにまかなう基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)黒字化は2025年度。従来目標を5年先送りしたが、なお達成を疑問視する声は消えない。

「安倍政権は異質」

「財政再建の歴史を振り返ると、失敗の典型例は高い名目成長を前提にすることだ」。BNPパリバ証券の河野龍太郎氏はこう指摘する。

財政再建を掲げや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン