/

この記事は会員限定です

感染症拡大 世界で厳戒

エボラ出血熱やニパウイルス 資源や貿易 影響懸念

[有料会員限定]

深刻な感染症が世界で猛威を振るっている。アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)では5月から致死率が高いエボラ出血熱の患者が急拡大し、インドではコウモリや豚などが媒介する「ニパウイルス感染症」が流行の兆しをみせる。世界的大流行(パンデミック)につながれば貿易や資源生産などへの影響は大きい。各国は感染拡大の食い止めを図るが、ヒトやモノの移動が活発ななかで防ぎきるのは難しい。

世界保健機関(WHO)は5月8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン