民泊を育てるためのルールを整えよう

2018/6/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

一般住宅に旅行者などを有料で泊める民泊のルールを定めた住宅宿泊事業法(民泊新法)が、施行された。今のところ自治体への営業届け出は低調だ。新市場の育成という趣旨に立ち返り、使いやすく、透明性の高い仕組みづくりに今後も取り組みたい。

新法施行後には登録のない物件は紹介しないよう、観光庁は仲介業者に求めてきた。今月に入り、すでに受けた予約も取り消すか合法物件を紹介し直すよう通知を出した。営業日数などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]