スマホに話せばセブンへ注文 グーグル音声AIを活用

2018/6/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セブン―イレブン・ジャパンは2018年度中にも全国2万店超でグーグルの音声AI(人工知能)を使って弁当などを注文し、店舗で受け取ることができるサービスを始める。コンビニエンスストアにはない食材を扱うことで、昼食や仕事帰りの夕食の需要を取り込む。セブンは若者の来店客が減少傾向にあり、デジタル機器に慣れ親しんだ世代を実店舗に誘導する。

まず18日に東京都内の約2600店で、グーグルの音声AI「グーグ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]