/

この記事は会員限定です

民泊新時代 競争多様に

「簡易宿所」急増 「特区型」も 過度な規制、回避の動き

[有料会員限定]

民泊を本格解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日施行され、届け出が受理された施設の営業が始まった。ただ年180日の上限などの規制や手続きの煩雑さから届け出が低迷。日数制限のない運営方法での申請も増える。シェア経済の代表格として訪日客の受け皿や空き家活用の役割が期待される民泊は課題を抱えたまま始動した。

福岡市中心部の賃貸マンションの1室。新法の届け出が受理されたばかりの民泊施設に、友人と来日し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン