/

この記事は会員限定です

社会で役立つ内容、大学で

船守美穂 国立情報学研究所准教授

[有料会員限定]

国立情報学研究所の船守美穂准教授は、大学進学率が上昇し卒業生が多様化する中で、大学は社会で活躍するのに必要な教育を提供しなければならないと指摘する。

米国の高等教育が抱える最大の課題を描写した「カレッジ・(アン)バウンド」という書籍を翻訳した。この本は、ある中流階級の学生が学資援助を得ながら、不足分をアルバイトで穴埋めしつつ大学に通い、疲労困ぱいしてドロップアウトを決断する話から始まる。

学生は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン