/

この記事は会員限定です

脅威増す外来種(4)在来カタツムリ 絶滅の危機

[有料会員限定]

粘液に覆われた黒褐色の胴体で地面をはい回る虫が、小笠原諸島のカタツムリを壊滅的な被害に追いやっている。

太平洋南部の島に生息するニューギニアヤリガタリクウズムシは、1990年ごろ父島に侵入した。カタツムリなどを食べ、2000年ごろに30種いた在来の陸貝類は4割が絶滅した。

ヒモのような最長10センチほどの細身の胴体を伸縮させながら動く。父島ではウズムシの侵入拡大を防ぐため、地域的にシートで土壌を遮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン