/

この記事は会員限定です

定額制「1人当たり」なら… 予防医療の効果期待も

[有料会員限定]

入院医療の標準化に一定の役割を果たした包括払い方式だが、専門家の間では、かかりつけ医制度の本格的な普及に向けて、制度の抜本的な拡大や見直しを求める声も出ている。

包括の度合いをさらに高めた支払い方式には「人頭払い」と呼ばれる仕組みがある。かかりつけ医のような医師に対し、担当地域の住民1人当たりの定額を報酬として支払う方式だ。

住民の受診頻度が高いほど医療費がかさみ、医師の収入は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン