2019年5月26日(日)

土地と日本人(1)テクノ団地、今は刑務所
公共事業、地域を翻弄

2018/6/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

豊かな産業を生むはずだった広大な土地は刑務所になった。1989年当時、全国を席巻していた国の「テクノポリス構想」。山口県美祢市の先端型の工業団地は進出企業が現れず、代わりに誘致した刑務所が過疎の地域の活性化を担う。

夢の構想が頓挫

人口2万5千人弱の美祢市中心部から車で約15分。寂れた国道沿いに突然、明るい色の中層の建物の列が現れる。約700人の受刑者を収容する「美祢社会復帰促進センター」は全国初…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報