/

この記事は会員限定です

民泊市場、低調の船出

新法施行、住民不安なお課題

[有料会員限定]

民泊を本格解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日に施行され、営業が始まる。国内ほぼ全ての民泊をサイトで仲介してきた米エアビーアンドビーの掲載数は最盛期に比べ6割少ない約2万5千件。新法での営業届け出も約2700件と低調で、2020年に4千万人をめざす訪日誘客には一時逆風となる。近隣住民の不安払拭を狙う新ルールのもと、民泊は出直しの船出となる。

「民泊市場が立ち上がる転機だ。2020年東京五輪の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン