/

この記事は会員限定です

子宮頸がんワクチン 予防・薬害、安全性の結論見えず

勧奨中止5年

[有料会員限定]

厚生労働省が子宮頸(けい)がんワクチンの積極勧奨を中止してから14日で5年。接種と重篤な症状の関連を否定する研究結果が示される一方で、副作用で健康被害を受けたとする訴訟が相次ぐ。がん予防と薬害リスクのバランスをどう捉えるか。ワクチンの取り扱いをめぐる答えはいまだに見えてこない。

「きちんと症状の診察や治療に当たれる医療機関は全国でも片手で数えるほど。十分な治療体制がないまま、積極勧奨を再開してはな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン