/

この記事は会員限定です

肝機能障害見逃し男性死亡 薬の副作用

静岡がんセンター

[有料会員限定]

静岡県立静岡がんセンターは14日、県東部に住む60代の男性患者が抗がん剤の副作用で肝機能障害を起こしたのに気付かず治療を続け、症状が悪化し昨年9月に死亡したと発表した。血液検査で出た肝機能の数値異常を見逃していた。

センターによると、男性は直腸がんと肝転移のステージ4と診断されていた。昨年7月中旬に3週間の抗がん剤服用と1週間の休薬を1サイクルとする1回目の治療を始め、終了時の検査で肝機能障害を示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン