/

この記事は会員限定です

少子化の罠、日本は抜け出せる?

[有料会員限定]

2017年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯産むと推計される子供の数)は1.43と2年連続で下がった。少子化の罠(わな)に陥った日本に処方箋はあるのか。2人の識者に聞く。

地域に「実家機能」を NPO法人 びーのびーの理事長 奥山千鶴子氏

――少子化対策に必要なことは。

「地域全体で家族を支える機能を増やすことだ。最近の日本は家族単位で閉鎖的になりがちで、地域や友人などインフォーマルな社会資源が弱い。子供の数が減り、囲い込む意識が強まっているのかもしれない。親の負...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン