/

この記事は会員限定です

FXに新規制 中小再編の波 健全性、毎営業日チェック

仮想通貨に資金流出響く

[有料会員限定]

外国為替証拠金(FX)業界が揺れている。金融庁が検討した証拠金倍率(レバレッジ)規制の強化案は見送りになったものの、業者の健全性を毎営業日評価するなど新規則を導入するためだ。経営体力の弱い中小業者が乗り遅れるのは必至で、再編に追い込まれそうだ。ライバル仮想通貨との競争にもさらされ、瀬戸際に立たされている。

ひそむ決済リスク

「まだレバレッジ規制の方が良かったのでは」。ある大手FX会社の幹部は困惑気味に明かす。FX取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン