2018年6月19日(火)

日朝関係 佐々江氏「懸案解決の歴史的チャンス」

2018/6/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 ――米朝首脳会談は韓国が仲介しました。日本が対話の流れに乗り遅れているとの指摘があります。

 平岩氏 日本政府はトランプ氏が米朝首脳会談を決断し、これほど早く実現するとは予想していなかっただろう。しかし、日本が基本的な姿勢を変えてまで(対話の)流れに乗る必要はない。

 日本は日本人拉致問題と核・ミサイル問題の包括的解決の原理原則を維持すべきだ。日米を基軸に日米韓、中国やロシア、国際社会との協力を踏ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報