/

この記事は会員限定です

商品先物売買にAI

取引会社 年内にも導入検討

[有料会員限定]

商品先物取引会社のサンワード貿易、日産証券、フジトミなどが人工知能(AI)を活用した自動売買システムを年内にも導入する検討に入った。インターネットで外国為替証拠金(FX)取引になじみのある個人投資家に使ってもらい、顧客の裾野を広げる。

導入を検討するのは、投資家の好みに応じて売買戦略の組み合わせを提案するシステム。各国のFX会社にシステムを提供するイスラエルのトレーデンシー社がFX向けの製品をもと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン