/

この記事は会員限定です

貿易と安保、絡み合う世界

グローバル・ビジネス・コラムニスト ラナ・フォルーハー

[有料会員限定]

トランプ米大統領は世界の貿易秩序を破壊した――これが大方の見方だ。同氏は中国への制裁では方針転換し、同盟国には関税戦争を仕掛けた。マクロン仏大統領をして、主要7カ国(G7)首脳会議は「G6プラス1」になるだろうと言わしめるほど非協調的だ。

だが、こうしたことが全て起きていなかったとしても、トランプ政権が終われば多国間主義が復活する、と考えるのは甘い。トランプ大統領は問題の「表れ」にすぎず、問題の原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン