/

この記事は会員限定です

起業家 久能祐子さん

跳ぶのは怖くない(3)

[有料会員限定]
  三菱化成生命科学研究所(当時)に入所後、1983年に新技術開発事業団(現在は科学技術振興機構)の研究プロジェクトに参加する。早石修・大阪医科大学学長(当時、故人)が率い、細胞間の情報伝達を担うプロスタグランジンという物質の作用を突き止める研究だ。

大阪医科大に大学や企業から25人ほどが集まり生き生きと研究していました。いま振り返っても研究者を育てるすばらしいインキュベーターだったと思います。大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン