2018年12月13日(木)

在留管理体制を強化 骨太方針に追加 外国人就労拡大にらむ

2018/6/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は12日、経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の修正案を自民、公明両党の政調全体会議に示した。外国人労働者の受け入れ拡大をめぐり、自民党内の一部から治安悪化の懸念が出たことを踏まえ在留管理体制の強化を追加した。両党は大筋で了承した。政府は15日に閣議決定する予定だ。

政府は5日に示した原案に外国人材について「就労を目的とした新たな在留資格を創設する」と明記した。自民党の一部から治安面の懸念が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報