/

この記事は会員限定です

家事・育児の負担、夫の自己評価高すぎる?

民間調査、認識の差 浮き彫り

[有料会員限定]

夫は自分が思うほど家事や育児をしていない?――。明治安田生活福祉研究所(東京・千代田)が実施した調査によると、夫婦ともに正社員の共働き世帯での家事や育児の分担割合について、夫は平均3.4割分をしていると回答したが、妻の認識では2.5割分にとどまることが分かった。家事と育児の負担を巡る夫婦間の認識の差が浮き彫りになっている。

調査は3月にインターネットで実施。家事・育児の負担や育児と仕事に関する両立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン